予測せず突然出会うのが交通事故です。ボニック

その状況で何をどうやって判断するかで、自動車保険料の額も相当大きく変化するケースもありますので冷静な判断と対処が必要です。任意整理のデメリット

予測できない状況に出会って気が動転してしまったとしたら重大な事を見逃してしまい、その先自分が大きな損を受ける時もあるので交通事故をしてしまった場合には正しく以下に述べる行動をします。マイクロダイエット妊娠中・授乳中でも飲める?添加物・カフェインは大丈夫?

乗用車の事故をしてしまった場面で最初にする事は怪我人の確認です。郵便局の営業時間やゆうちょ銀行のATMの利用時間・手数料まとめ

自動車の事故の後は動揺して何も出来ない状態になってしまうことがありなかなか動くことができないのが現実です。在籍確認なし カードローン

重軽傷者がいたならば安全が確認されたところへ動いてできる限りの処置を行って、周りの人に助けを求める等救助優先に努めましょう。サントリー黒酢にんにく

救急車を呼ぶ場合には正確な位置を連絡し、不明確な場合は分かり易い建造物や交差点名を知らせてその位置が分かるようにします。

次に警察へ連絡して自動車事故が起きた事また様子を連絡します。

救急車とパトカーの到着を待つ内に怪我人の事を調べます。

氏名、住んでいるところ、電話番号、免許証、相手側の自動車保険会社等互いの身元をやり取りします。

この場面で事故の相手に原因が存在する状態ではそこで結論を出そうとすることがありますがその場所でうやむやにするのではなくどんな風な状況にかかわらず110番や保険屋さんに届け、正しく調査してもらうようにしましょう。

関係者の内容をやり取りしたら他の人の妨げになることをやめるために障害になる物を道路の上からどかします。

仮に障害となった物が他人の障害物となっている状況なら情報の交換をする前にそれを終わらせてしまっても大丈夫です。

その後自分自身の加入している自動車保険の会社に連絡を入れ、交通事故があった事を連絡します。

交通事故から特定時間内のうちに保険会社に電話しておかないと車の保険の適用除外にされることもありますのでできるだけ遅れることなく連絡を入れることが重要です。

可能ならば事故の手がかりとしてデジタルカメラや携帯などを使って事故の現場や事故車の破損状態の写真を写しておきます。

その写真は過失割合を決定するとても大きな手がかりとなるので自分のクルマや先方のクルマの破損状態を全部カメラに残しておくことが大切です。

この際に近くに人がいれば警察や保険屋さんやってくるまでその場に待機して頂くようにお願いするのも大切です。