クルマを走らせている際に、「自動車を利用したままで即日融資可」などという掲示板や張り紙が偶然見かけることも多いはずです。こうした宣伝は、車を担保として融資する広告群であることが多いと思います。車担保融資と言われている言葉は、耳にしたことがあっても、実際にどういったローンのされ方なのか割と分かっていない人も中にはいると思います。車担保融資とは、それだけ世の中に浸透していないキャッシング方法ともいえると思います。車担保融資では、愛車を担保にすることで、自動車の現時点の査定額を出し、その金額の査定限度の中でのキャッシングを原則行うようです。車買取専門業者での査定と同様に、古い車や改造車であると、査定の見積もりが低くなってしまうことがあるようですので、自動車を担保として融資を受ける場合には意識しておくといいと思います。車担保融資は、「クルマ」という手で触れるものを抑える方法ですので、金融業者などでキャッシングがストップしている人でも問題なく査定額内でのローンを行えるはずです。さらに言えば、貸金業者での融資には様々な手順や厳しい審査などがありますが、車という自分の財産を利用して行うキャッシングですから、そういったものが必要としないってこともあるようです。この頃では、クルマを担保として融資を受けても、その車を現状と変わらなく保持して運転することが出来る車を使った担保融資も増えてきています。ところが、この方法のデメリットとしては、車の査定額に融資の価額も影響するので、所持する自動車によって、本人が志願する上限額の融資を受けられないということもあると聞きます。愛車を担保としますから、万が一返済そのものが滞ってしまった時には、直ぐにクルマを売らなければならないというのも、弱点です。クルマが生活で欠かせないものである世帯では、自動車を、担保とする融資の方法は、随分危険があるといえるかもしれません。