クレジットカードを利用していると通常は加入カード会社から明細書が送付されます。それら利用明細を見るとどの店舗で何時何分にどんな商品にカードでどのくらい払ったのかに類する細かな内容が記されているため、これまでのクレカを利用した履歴を照会することがきわめて容易で便利です。代わりとするのはある意味使いにくいと思いますがちょっとした家計簿風にまとめることも面白いし支出管理にももってこいです。それから上記のクレジットカード明細書送られてから通常は数週間で請求額の支払いが行われます。つまりはそのクレカ利用明細を見比べて、思わず疑問に思う支払い、例えばもし使ったこともない項目が明細に載っていたらフリーダイヤル等に電話をして調査してもらえば良いだけでしょう。万が一カード不正使用をはじめとするユーザー以外によるカード利用が見つかった場合であってもカードカード所持者に問題がない限りは、ほとんどの事例においてはカード会社がそうしたあやしい項目を免除してくれます。今日ではこの価値の高いクレジットカードご利用明細をネットで見ることができるクレカが普通になっています。普段からいつどんな商品を決済したかをモニタしておくことで第三者利用を防ぐことはもちろん収支記録の役目も果すので資産管理といったこともいっぺんに可能になります(WEBページでユーザーの履歴を見ることができるカードはさかのぼって利用履歴やリボ払い適用の有無等も確認OK)。クレジットカードは上記の意味でも大変役に立つツールになっていると言えます。