外為をはじめたばかりの方がFXの要所を捉えるためには、初めに取引を積む事が大切である。未然にピンチを避けれるようにするには、間違いを重ねる事も経験のひとつ。とは言うものの、負けたといってもやり直しが効かないほど重大な過ちをする事は問題外です。やり直しが効くミスを何回も体験することが最終的に己のレベルを上げてくれます。そう考えると初めはわずかな額で取引を行いこれで数度ちょっとした間違いをすることが必要です。たとえば、100万円しか投資に回すお金のない方が深く考えずに全額つぎ込んでエントリーするとマイナスになった時、金輪際取り返せない不安があります。そのため、たとえば10分の1ずつエントリーしてここでエントリーを積んだ方が損を減らす方法なども身についていくはずです。はじめに小さな額で投資することの有益なところは、先に記したように、自身の経験を増やしマイナスをコントロールする技術を学習していく事にありますが売買の回数を繰り返す事で危険性を小さくできるという利点もあります。たとえば、1度のエントリーで勝てる可能性が5割だとしよう。等しい確率で損する危険性もあります。勝率5割ということは。二分の一の確率で利益が上げられる事を言い表しています。だが、全部の資金をつぎ込んで1度だけのトレードをするということは、100%の勝ちか、100%の負けかのどちらかだけになってしまいます。それでは1度だけの丁半バクチと同じです。すなわち、全ての投資資金を使って1度しか取引をしないと、それだけ損する比率が高くなってしまいます。だから、資金を全て賭けるのではなく、少額ずつ分けて投資回数を増やす事がリスク分散となります。少しずつ分けたとしても、すべてに勝利する事は大事ではありません。はっきり言うと、勝利する事が出来ないのが現実だ。取引で大切なのはいくら利益を上げるかです。勝率が50%でも、或いはそれ以下でも儲かる時は儲かる。負ける確率が高くても損失が小さければ3割の勝利の儲けの大きさだけでうまく利益を上げられます。そのために重要な事は、損失を少なく、利益を大きくを心がけることだ。損失が生じたら即損失を確定して、プラスになる状況ではなるべく大きくプラスにする事が、FX初心者がFX取引で利益を上げる極意です。